若宮病院

病棟案内

病棟は広い病棟面積を有し、これからの医療情勢を見据え、あらゆる基準に対応できるように設計されています。急性期の高度な医療と暖かみのある、地域に密着した専門的な医療、看護を目指します。

若宮病院
若宮病院

精神科救急入院料病棟

第1病棟【59床】
第1病棟【59床】

スピードと治療・看護密度の重要性を問われる精神科救急。
若宮病院でも、増大する傾向にある急性期入院に対応すべきシステムを導入しました。
急性期の患者さまを24時間受け入れるための、ハード面の設備と医師をはじめとしたマンパワー、質の高い治療・看護技術を完備しています。
スピーディで実効性の高い短期入院治療を目指しています。
詳しくはこちら

精神科一般病棟

第2病棟【54床】
第2病棟【54床】

入院患者さま15人に対して1人の看護職員を配置しており、入院患者さま30人に対して1人の看護補助者を配置しております。

地域移行機能強化病棟

第3病棟【52床】
第3病棟【52床】

主に長期にわたり治療が必要な患者さまの、入院治療を目的とする病棟です。 当院では、単に治療病棟としてではなく、患者さまの社会復帰や在宅生活の実現に向けての看護・介護をおこなう病棟と考えます。