若宮病院

救急、急性期医療を重点に高度な医療と看護を目指します。急性期におけるリハビリテーションは特に重要で、それぞれの状態に適するよう、日常生活動作の援助をはじめとして手芸や工芸、音楽鑑賞(生演奏もあり)、歩行訓練などの運動リハビリ、スポーツ、ヨガ、映画鑑賞、調理などの多彩なプログラムを取り揃えました。
楽しみながら社会復帰や社会参加を目指す精神科・認知症のデイケアでは、規則正しい生活のリズムを身に付け、個人の興味関心に合わせたプログラム活動を行います。

若宮病院からのお知らせお知らせ一覧

2017年10月06日
バリエンテ山形と若宮展が山形新聞に掲載されました.
2017年09月13日
リカバリー作品展示会「若宮展」開催
2017年08月24日
平成29年度若宮病院児童思春期講演会の御礼
2017年07月21日
バリエンテ山形、ソーシャルフットボール東北大会出場!
2017年07月05日
第2回バリエンテ交流大会を開催しました
2017年06月26日
若宮病院児童思春期講演会開催のご案内
2017年06月06日
バリエンテ山形フットサルチーム、県立こころの医療センターでの交流試合参加
2017年02月16日
第一回バリエンテ交流大会を開催しました!
2017年01月27日
若宮病院アルコール治療プログラムと家族会のお知らせ
2017年01月25日
H29年2月からの外来診療担当医について

アルコール外来

アルコールの問題でお悩みの方や、お困りの方に向けてアルコールの専門外来、担当の精神保健福祉士によるご相談を開催しております。
アルコール依存症は病気です。そして、家族まで巻き込む恐ろしい病気でもあります。
ひとりでお悩みにならず、まずは当院にお気軽にご相談下さい。

アルコール外来

児童思春期

地域の「かかりつけ医」としての児童思春期精神科医療の提供を目指します。
子どものこころの問題を解決していくためには高い専門性が必要です。
当院では医師、看護師、臨床心理士、作業療法士、管理栄養士等の児童思春期専門スタッフがチームを組み、子どものこころの問題に対してそれぞれの専門性を生かした医療サービスを提供しています。

児童思春期

スーパー救急(精神科救急病棟)

スーパー救急 スーパー救急

スピードと治療・看護密度の重要性を問われる精神科救急。
若宮病院では、増大する傾向にある急性期入院に対応すべきシステムをいち早く導入しました。

スーパー救急(精神科救急病棟)