若宮病院

フットサル交流会

9月27日寒河江市「チェリーナ寒河江」にて県立鶴岡病院とフットサル交流会を行いました。
精神障がい者のフットサル競技は10年前から全国的な広がりを見せています。当院では昨年から、かけはしデイケアで活動を行い、今春から入院、外来患者さんも加わった合同プログラムとして週一回行ってきました。そして今回、県内で先駆けてフットサルを行ってきた鶴岡病院との交流戦を行う事となりました。
対戦した結果1対11という大敗を喫しましたが、「今後の発展につながる1点」を獲る事ができました。何より、相手をかわし味方とコミュニケーションをとりながらパスやシュートをすること、多くの方々との交流は回復や社会への参加の大きな一つとなりました。
今後も多くの交流、対外試合などの参加を目標に進めていきます。

 DSC00004 DSC00016