若宮病院

アルコール治療

アルコール依存症という病気をご存じでしょうか?
「アルコール依存症なんて、ただの酒飲みでしょ!」「お酒を調節して飲めないなんて意思が弱い人でしょ!」「私にはアルコールの問題はないよ!たまたま飲みすぎただけ・・」等々、色々な意見があると思います。
しかしそれは間違った考えです。アルコール依存症は病気です。そして、家族までも巻き込む大変な病気でもあります。
今、アルコールの問題で少しでも悩んでいる方、ご家族がいらしたら、当院にご相談下さい。
アルコール担当の精神保健福祉士への相談や専門外来、入院設備があります。入院期間中は、アルコール治療プログラムを提供しています。
アルコール担当スタッフとして、医師・看護師・精神保健福祉士・心理士・薬剤師・作業療法士・管理栄養士が常時関わり、一貫した治療を行っています。
一人で悩まず、皆でアルコール依存症という病気と向き合い、これからの人生をより良いものにしていきましょう。

入院中のアルコール治療プログラム

<教育プログラム>
*月曜日:7つのテーマに沿って、患者さんが自由に話しができます。また、月一回アルコール依存症についての講義があります。
*水曜日もしくは木曜日:内科疾患や栄養について、薬についての講義や医師からの講義もあります。
*金曜日:心理士によるフリートークと認知行動療法があります。フリートークとは、患者さんが自由に話しができる場です。認知行動療法とは、米国の精神科医アーロン・T・ベックによって考案された精神療法です。ステージ1~8まで実施され、3名程度のグループで最終ステージまで進みます。

<作業療法プログラム>
*月曜日から金曜日まで活動があります。
*火曜日と木曜日の午前中は、アルコール患者さん向けの独自のプログラムとしてロールモザイクに取り組んでいます。
*一ヶ月半に一回、ロングトレッキングもあります。ロングトレッキングとは、往復10kmを皆で歩き、互いを気遣い、仲間の結束力を高める目的で行っています。アルコール担当看護師や作業療法士が同行致します。

<AAメッセージ>
*AAとは、アルコールアノニマスの略です。地域の自助グループで、AAと言います。AAメンバーが当院に来て、アルコール依存症からの回復について話しをしてくれます。

<断酒会>
*地域の自助グループで断酒会があります。第4日曜日にアルコール担当看護師の付添いで断酒会に出かけます。

<アルコール家族会>
*毎月第1土曜日と第3土曜日の14時~16時に行われています。アルコール家族会とは、アルコール依存症の患者さんをもつ御家族様が対象の会です。お互いの体験を聞き、語り合うことで辛さや困難を分かち合い、癒される場です。また、参加スタッフは、アルコール担当看護師・精神保健福祉士・心理士・薬剤師・作業療法士・栄養士の多職種から構成され、様々な相談を受け付け、家族の心の負担軽減に努めております。

 

アルコール家族会

日時:毎月 第1・3土曜日の午後2時から午後4時(途中からの参加OK)
場所:若宮病院 2階 ミーティング室
☆申し込みは不要です。直接、2階ミーティング室までお越しください。
お問い合わせ
若宮病院 相談室
精神保健福祉士 白田
TEL 023-643-8222